フロントエンド1年生におくる「WordPressとは何ぞや」

 

初めまして。

私は、2016年に新卒でデザイン事務所に入社し、
フロントエンドエンジニアとして働く
社会人2年目の嵐・ニノ担の女です。

 

さて、フロントエンド2年目の私ですが
1年目で壁にぶち当たったのは
このWordPress」の導入です。

 

   ---------------------------------------

 

94年生まれの私は、
物心ついた時には実家にはPCがあり、
インターネットやWebサイトに触れる機会も多く
小学生の頃にはホームページ作成サービスを利用して
放課後は自分の紹介サイトを作ったりしていました。

 

高校生になると、パケットし放題だとか
スマートフォンの普及だとかでSNSが盛んになり、
その中でHTMLタグに触れることがあった人も
少なくないのでは?

 

   ---------------------------------------

 

そんな私はフロントエンドエンジニアとして入社し、
HTMLやCSS、さらにJadeやSassに挑戦する中で
WordPress」には理解に時間がかかりました。

 

2年目になり、新卒の後輩ちゃんが出来たのですが
彼女はHTMLタグに触れたこともないとの事。


1からHTML・CSSを教えると
スムーズに理解してくれる一方で、
彼女も「WordPress」になると
ピタッと手が止まってしまいます。。。

 

どんだけ厄介なの、WordPress!!!!

 

前置きがずいぶん長くなってしまいましたが、
2年目ペーペーの私が未経験新卒の後輩ちゃんに
教えていく中でまとめた、
できるだけ噛み砕いたWordPressの説明です。

 

  • 最近Web業界に足を踏み入れた
  • HTML,CSSを扱えるようになりいよいよWordPressの構築を任された!
  • WordPressを導入する案件ができた!
  • いくら調べてもWordPressの存在が意味不明

 

という方に向けて書いております。

 

   ---------------------------------------



そもそもWordPressとは…
CMS(content management system)の1つです。

 

CMSコンテンツ管理システムと言って、

テキストや画像などのデジタルコンテンツを統合・体系的に管理し、配信など必要な処理を行うシステムの総称。(コンテンツ管理システム - Wikipedia

 

つまり、サイトを制作する側ではなく、
管理する人(持ち主・お客さん)側で
記事を書いてブログページを更新してもらうといった
HTMLなどWebページの制作が分からなくても
サイト内のページが更新出来るような仕組み
つくってあげるシステムのこと
…といったところでしょうか。

 

これがWordPressです。


サイト制作をしている我々の方で
ブログ記事の内容を代わりに入力してあげる
ということもモチロン可能ですが、

 

時間も手間もかかっちゃうし、
そもそも本来の仕事ではない。
そうなるとお金をいただく…ということにもなるので
更新頻度が高く、お客さんの力で作業できそうな内容であれば
WordPressなどのCMSを使って
ページを更新できるような仕様にしてあげるのです。


WordPressはテーマをカスタマイズすれば、
ブログ記事の投稿だけでなく
ページ内のテキストや画像の編集、
通販サイトの商品の追加・削除などの作業も行えるので


ブログにもコーポレートサイトにも、
通販サイト(ECサイト)にも変身できますよ。


WordPressには「テーマ」とよばれるものがあって、
WordPressのサイトの見た目のデータになります。
我々はこれをいじくり回して、
本来ブログとして存在していたWordPress
企業サイトだとか通販サイト(ECサイト)を構築してます。

 

 

とりあえずWordPressとは何ぞやのところでした。

続きはまたこんど。。。