少女漫画の実写化!映画「センセイ君主」を24歳OLが観た話

 

f:id:mnmnkn:20180816230418j:image

 

実は私、少女漫画は一切読まない。

漫画は学生時代から大好きだし、
社会人になった今は漫画にお給料をつぎ込むこともしばしば。

でも少女漫画を読むことは高校生ぐらいから徐々に減っていった。
気づけば少年漫画が本棚に溢れている。

少女漫画を最後に読んだのは、
失恋ショコラティエ」ぐらいだ。

 

そんな私が今回観た映画「センセイ君主」は
少女漫画を実写化した学園ラブコメディだ。

恋に恋する16歳の元気娘・佐丸あゆは。現在のところ告白7連敗中の彼女は、ふとしたことがきっかけで、ひねくれ者の新任数学教師・弘光由貴を好きになってしまう。感情がすべて顔に出てしまうため、告白する前から「高校生相手の恋愛なんてない」と弘光にフラれてしまうあゆはだったが、それでもくじけない彼女は「先生を落としてみせます」と宣言。猛アタックするあゆは、冷たくあしらう弘光に、それぞれの幼なじみも加わって恋の攻防が繰り広げられる。

 

16歳、女子高生、ひねくれ者、数学教師、
幼馴染、落としてみせます、恋の攻防、……

もはや少女漫画以外の何者でもない。
ザ・少女漫画だ。

 

普段の私じゃ絶対に選ばない漫画。
じゃあ何で観たのかって、
以前別の映画を観た時、上映前に流れる
予告映像で単純に「面白そう〜」と思ったからだ。

コメディ色が強く、その予告映像だけで
クスッとなってしまったのだ。

なんか人が死ぬのとか嫌だし、
こういうのもたまにはアリかな〜〜
とちょっと冒険心で。

 

観ての感想は「メチャクチャ面白かった」

 

いや、展開は完全に少女漫画。
もう予想ができちゃうくらい少女漫画。

中学生の時に私たちがキャッキャ言って読んでいたのは
こういう作品だった!

 

それでも楽しめるのはコメディ色が強いから。

出てくるワードやセリフの言い方、
表情や動きに思わずクスッとしちゃう

 

いつもならザ・少女漫画なんて
鼻で笑っていたのに…
ふつうに楽しんでいる自分がいる。

 

作品中に登場する
JUDY AND MARYの「Over Drive

弘光先生の思い出の曲で
主人公のあゆはは世代じゃない曲。
そして私にとっても世代ではないのだ。

 

初めて聴く、私にとっては真新しいこの曲をすっかり気に入ってしまい、
映画を観たその日にApple Musicでダウンロードした。

 

なんだろうこのエモさ。
知らない曲なのに懐かしくて、
それが流れるこの映画は
中学生の私が喜んで読んでいた少女漫画そのもので、

こっそり学校へ持って行って闇取引のように交換しあったこと、
休みの日にみんなで古本屋へ行って漫画を買い占めたこと、
授業中にバレないように読んだり、
自分で漫画を描いてみたりしたこと。

 

中学生の頃っていろんな感情がぶつかり合って
嫌な思い出ばかりだったと思っていたけど、
そういえばこんな思い出もあったんだな。忘れてた。

 

映画館の中はやっぱり女子中学生や女子高生が多くて
私はちょっぴり目立つ存在だったけど、
私はこの歳でこのタイミングでこの作品を観れて良かったな。

 

映画が終わって場内を出る時、
「うちの先生にあんなイケメンおらんわ〜」って。
分かる。イケメンいないよな。
中学生の頃の自分がこの映画を観ていたら
絶対同じタイミングで同じことを言っていた。

 

ところでこの作品には「すき家」が登場する。
弘光先生と主人公が通っているのだ。

私はすき家ではなく、吉野家の常連(週2程度)だが、
あんなイケメンに遭遇したことは一度もない。一度もだ。
かすりもしない。ストライクゾーンに全然ボールが来ない。

多分イケメンの先生がいないと言っていたあの子は
あと10年もすれば、牛丼屋にはイケメンがいないとボヤいてくれるはずだ。

 

 

実はこの映画を観た後知ったことだが、
弘光先生を実写化するなら二宮和也という声があったらしい。
それも嵐・二宮ファンが...というよりは
原作ファンの中で実写化するなら二宮かなと感じていた人が結構いたようだ。

原作の漫画は一度も読んだことがなかったが、
画像検索してみるとナルホド...
原作の弘光先生って黒髪・色白・線細い・冷徹って感じなんだね。
線の細さが確かに二宮を彷彿させる……。

 

でも私は竹内涼真で良かったかな〜。

 

二宮になると年齢がね、主人公の子と年齢差を感じちゃうんですよ。
それはそれでいいのかもしれないけど、
コンプライアンス的に気になるのよ…
私はもう少女漫画を読んで夢見る女子中学生ではないから……。

 

その点、竹内涼真だと
大人の色気という感じは薄れるけど
主人公の子との年齢差が気にならない。
なんとなく安心して観られるのだ。

 

まぁモチロン、二宮版・弘光先生が出る「センセイ君主
喉から手が出るほど欲しいんですけど。

 

喉から手が出るほど欲しいんですけど!

 

喉から手が出るほど欲しいんですけど!!